home

大手ハウスメーカーや地域のリフォーム会社へ外壁の塗装を依頼すると、ほとんどの場合、下請けの塗装業者へ丸投げします。

下請けが施工するとなると、お客様が工事を依頼した会社と実際に施工する会社が違うわけですから、お客様のご要望が施工する職人までしっかり届かない。なんてこともよくあるようです。

また、下請けの仕事は安く請け負わざるをえなかったり、納期にせかされたりして丁寧な仕事もできないことも多いようです。

しかし、ご安心ください‼

近代リフォームは、塗装をする為の足場の施工、洗浄、塗装すべて自社の職人が責任をもって施工させていただきます。

高品質 低価格 の実現の答えは完全自社施工!

近代リフォームは特別な事情がない限り、下請け業者に頼らず、自社の職人の手で施工を行っています。

塗装はもちろん、足場の設置解体もすべて自社の職人が行います。

外注業者を使うことによって発生する余計なマージンを省いて、価格を抑え自社の職人の施工により高品質を実現しています。

また、自社の職人の仕事がなぜ高品質なのかというと、

下請けの場合、お金をもらうのが、ハウスメーカーなどの元請業者になるため、

どうしても、目線がお客様ではなく、元請業者の方へ向いてしまいます。

結果的に、下請け業者の仕事は、お客様の満足よりも、元請からの仕事を期間内にこなせばいい。ということになってしまいがちです。

こんな状態ではいい期待はできませんね…

近代リフォームは、お客様との距離を近づけ大きな満足をお届けするために自社の職人で施工します。